55歳まで続くブログ

10年後、自分を振り返るために綴る 所有しているCDの整理や大好きなラジオ番組〝クロスオーバーイレブン〟などなど

THE JAM/The Sound of the Jam

リリース年

2002

CD年

2002

レーベル

ユニバーサル インターナショナル

フォーマット

日本盤

 

収録曲

1.In the City

2.Away from the Numbers

3.The Modern World

4.David Watts

5.Down in the Tube Station at Midnight

6.It's Too Bad

7.To Be Someone (Didn't We Have a Nice Time)

8.Mr. Clean

9.English Rose

10.The Butterfly Collector

11.The Eton Rifles

12.Private Hell

13.Thick as Thieves

14.Smithers-Jones

15.Saturday's Kids

16.Going Underground

17.Start!

18.Liza Radley

19.Pretty Green

20.Boy About Town (UK, Japan and Mexico only Bonus Track)

21.That's Entertainment

22.Tales from the Riverbank

23.Town Called Malice

24.Ghosts

25.Carnation

26.Beat Surrender

 

おすすめの1曲

16.Going Underground


The Jam - Going underground 1980 - Top of The Pops

ザ・サウンド・オブ・ザ・ジャム~25thアニヴァーサリー・ベスト

ザ・サウンド・オブ・ザ・ジャム~25thアニヴァーサリー・ベスト