55歳まで続くブログ

10年後、自分を振り返るために綴る 所有しているCDの整理や大好きなラジオ番組〝クロスオーバーイレブン〟などなど

BOBBY CALDWELL/The Ultimate Best of Bobby Caldwell

リリース年

2010

CD年

2010

レーベル

ビクターエンタテインメント

フォーマット

日本盤

 

収録曲

Disc 1

  1. Special To Me
  2. Love Won't Wait
  3. Can't Say Goodbye
  4. What You Won't Do For Love
  5. My Flame
  6. Coming Down From Love
  7. It's Over
  8. Open Your Eyes
  9. To Know What I've Got 
  10. Jamaica
  11. All Of My Love
  12. Loving You
  13. Sherry
  14. She Does It Better
  15. Never Loved Before
  16. In The Name Of Love
  17. Next Time (I Fall)
  18. All Or Nothing At All
  19. Heart Of Mine
  20. Stay With Me

Disc 2

  1. Stuck On You
  2. Beyond The Sea
  3. Tomorrow
  4. The Girl I Dream About
  5. Young At Heart
  6. The Tender Trap
  7. Oh Boy (You've Really Got It Made)
  8. Luck Be A Lady
  9. (I've Got You) Under My Skin
  10. All Of Me
  11. Saturday In The Park
  12. Janet
  13. Show Me
  14. Where Is The Love (Duet with Deniece Williams)
  15. Crazy For Your Love [Evening Mix]
  16. Love Lite
  17. Cry
  18. Call Me Up
  19. One Love
  20. Come To Me

 

 おすすめの1曲

Disc1

In The Name Of Love


Bobby Caldwell - In The Name of Love

 

Disc2

Cry


Bobby Caldwell - CRY

 

 

闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて

会社の業績が緩やかに下降している

不思議と社内の人間関係にも陰が…

 

我儘が通ると思っている諸先輩方に振り回される日々

50過ぎたおじさんおばさんの小競り合いにはうんざりするも

小競り合いがあるから重宝される自分があるのも事実

 

55歳まで後7年

自分が持つか心配していましたが、会社が持つか心配になってきた…

 


サザンオールスターズ – 闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて(Full ver.)

 

 

会社倒産

会社倒産

 

 

 

 

クロスオーバーイレブン2014夏 第5夜 神様と食べる夜

昼の炎熱は去って風が優しくなった

 

コザ 現在の沖縄市

 

友人のまーぶーに一度沖縄のお盆においでやと誘われた

 

今日は「うんけー」の日の13日

 

さっ そろそろお迎えしましょうね

 

風もないのに線香の煙がゆらりと揺れ た

 

庭の外で遊ぶ子ども達の声が夜の空に溶けていく

 

へっ?  父さん

 

ウイスキー好きだった母の声だ

 

なかなか墓参り出来なくてごめんね

 

お盆の中日 伊計島までドライブした

 

ひょんなことからできたひょんな親孝行なんだ

 

親戚の出足はゆっくりだ

 

まーぶーが今日はいい酒あけようねと言ってくーすを持ってくると

 

父はちょっと名残惜しそうな顔をして片手を上げている

 

母は涙を浮かべて手を振っている

 

遠くから若者の叩くエイサー太鼓の音が風に乗ってやって き た

 

選曲 

1.マドンナ 「ホリデイ」
2.スティーヴ・ウィンウッド 「ハイヤー・ラヴ」
3.ドリーム・アカデミー 「インディアン・サマー
4.アラン・パーソンズ・プロジェクト 「アイ・イン・ザ・スカイ」
5.パトリック・オハーン 「ビヨンド・ディス・モーメント」
6.ビル・フリゼール 「アウトロウズ」
7.レイ・オビエド 「カスティール」
8.トム・スコット&L.A.エクスプレス 「ダーティ・オールド・マン」
9.クリス・レア 「オン・ザ・ビーチ
選曲:小倉エージ

 


Chris Rea : On The Beach

 

 

 

クロスオーバーイレブン2014夏 第4夜 与那国花酒紀行

一度船で来たらいいさ

 

どなんと言い漢字をあてると渡難と書く

 

ひろのぶさんが言っていたのはこの事だったのか

 

日本の最も西の端にやってきたので ある

 

与那国は一年の半分は雨だから

 

ひろのぶさんは花酒を造っている

 

米の上品な香りだけがほんのりと残った

 

度数は60度

 

目の前に広がる海を見ながら2人で飲み交わす

 

花酒と名付けた理由がやっと分かった

 

そんな気が し た

 

選曲 

1.フリートウッド・マック 「セーラ」
2.ユーリズミックス 「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」
3.ABC 「ルック・オブ・ラヴ」
4.ジェネシス 「フォロー・ユー、フォロー・ミー
5.マイケル・ゲッテル 「シー・オブ・グラス」
6.ミュート・ビート 「ハーモニー・イン・マルチニック」
7.スペンサー・ブリュワー 「イノセンス
8.デヴィッド・ランズ 「サマーズ・チャイルド」
9.リー・リトナー 「ア・ニュー・デイ」
10.ボビー・コールドウェル 「ハート・オブ・マイン」

選曲:小倉エージ

 


ABC - The Look Of Love

 

 

 

 

クロスオーバーイレブン2014夏 第3夜 君知るや、南の酒

20年前サラリーマン生活に嫌気がさして八重山に旅行したことがある

 

南の酒に惹かれていた

 

沖縄本島

 

炎のような暑さに目眩がする

 

ヨシマサオジーが言う

 

「当時クースは貴重だった」

 

大人だけが飲む幸せの液体に取り憑かれてしまったと言う

 

寝た子起こしなさいという事

 

意味分かるよね?

 

酒は生き物

 

色っぽいおじいになるっていうでしょ

 

選曲

1.ソウルⅡソウル 「キープ・オン・ムーヴィン」
2.パワー・ステーション 「サム・ライク・イット・ホット」
3.ジョージ・ハリスン 「マイ・スウィート・ロード」
4.ジャーニー 「ドント・ストップ・ビリーヴィン」
5.シャドウファクス 「アナザー・カントリー」
6.モダン・マンドリン・カルテット 「レドンダ」
7.ウェイン・グラッツ 「ア・ギフト・オブ・ザ・シー」
8.ナイトノイズ 「ア・ディファレント・ショア」
9.アンブロージア 「ビゲスト・パート・オブ・ミー」

選曲:小倉エージ

 


George Harrison - My Sweet Lord

 

blog.goo.ne.jp

 

 

 

クロスオーバーイレブン2014夏 第2夜 やんばる・島バナナ物語

滴るような南の山々

 

沖縄では太陽の雨と言う

 

島バナナを作る名人

沖縄小笠原バナナが本名

 

島バナナは本土では売られてない

 

お茶目な顔でウインク し た

 

7歳から後の僕の人生は神様からのプレゼント

 

キントク悪かったねぇ

美味しくて涙出てきた

 

キントクさんの夢みた島バナナ

あじくーたーのバナナで あ  っ  た

 

選曲リスト

1.トリオ・エスペランサ 「そして今は」
2.エリック・クラプトン 「I SHOT THE SHERIFF」
3.ポリス 「白いレガッタ
4.ブロンディ 「誘惑の楽園」
5.ローリング・ストーンズ 「EMOTIONAL RESCUE」
6.レゲエ・フィルハーモニック・オーケストラ 「COULD YOU BE LOVED」
7.レゲエ・フィルハーモニック・オーケストラ 「WAR」
8.レゲエ・フィルハーモニック・オーケストラ 「WAITING IN VAIN」
9.トリオ・エスペランサ 「時は過ぎゆく」
10.シャーデー 「WHY CAN’T WE LIVE TOGETHER」

11.マイラ・アンドラーデ 「過ぎ去りし愛」

 

選曲:大伴良則

 


Eric Clapton - I Shot The Sheriff ( Studio Version )

 

 

 

 

クロスオーバーイレブン2014夏 第1夜 首里の宮廷料理へ

那覇空港に着く

 
いつも最初に向かうのは牧志の市場だ
 
湿り気 カビの匂い
 
まちぐわと言われる市場では人と人の距離が近いのである
 
ジョッキごと冷やした生ビールが美味い
 
本土とは人も料理もちょっと違う
 
目指す店は城の裏手にある
 
やれやれ 体内の羅針盤が緩みはじめている
 
パパイヤは沖縄では野菜として食するため庭に植える
 
店の主人城間さんは言葉数は少ないが微笑みを絶やさない
 
ポーポーは市場で何度か買って食べたが
 
料理は酒と合わせて完成します
 
あじくーたーと表現する
 
おくびにも出さない品の良さ
 
王朝時代から続く琉球の歴史を感じるそんなひとときであ っ た
 
選曲リスト
1.マイケル・ジャクソン 「A PLACE WITH NO NAME」
2.エリック・ベネイ 「WHAT A FOOL BELIEVES」
3.ファレル・ウィリアムス 「HAPPY」
4.マリオ・ビオンディ 「SHINE ON」
5.スマントリ 「THE PATH (VALID EVIDENCE REMIX)」
6.スマントリ 「FILTERED SOULS」
7.ルーファス・フィーチャリング・チャカ・カーン 「EVERLASTING LOVE」
8.クール&ザ・ギャング 「TOO HOT」
9.マリオ・ビオンディ・フィーチャリング・オマー  「NEVER STOP」

選曲:大伴良則